CoD:MW PC版の要求スペックとレイトレーシング(RTX)

CoD:MW PC版の要求スペックとレイトレーシング(RTX)

Call of Dutyシリーズ最新作「Call of Duty: Modern Wafere (CoD:MW)」

Battle.netにて2019年10月25日配信予定とついに配信開始日が迫って来ました。

そこで、改めてPC版CoD:MWを快適にプレイするための推奨環境について確認してみましょう。

 

必要空き容量

CoD:MWをインストールするためにはストレージの空き容量が175GB必要です。

インストール前にSSDまたはHDDの空き容量を175GB以上確保しておきましょう。

 

要求スペック

CoD:MWは最小、推奨、競技用、RTXなど用途別に要求スペックが公開されています。

それぞれどれほどのスペックが必要になってくるか確認してみましょう。

最小スペック

  • OS:Windows 7 64 bit(SP1) | Windows 10 64 bit
  • CPU: Intel Core i3-4340 | AMD FX-6300
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 670 | Geforce GTX 1650 | Radeon HD 7950
  • RAM: 8GB
  • ネットワーク: ブロードバンド

ミドルスペックのCPUとGPUで動作するようですね。

OSとグラフィックドライバーは可能な限り最新版を維持したほうが良いでしょう。

推奨スペック

  • OS: Windows 10 64 bit (最新版)
  • CPU: Intel Core i5-2500K | AMD Ryzen R5 1600X
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 970 | Geforce GTX 1660 | AMD Radeon R9 390 | AMD RX 580
  • RAM: 12GB
  • ネットワーク: ブロードバン

そこそこのスペックが要求されますね。

上記の環境でFHD(1080p)クオリティ中設定で60fpsが出せるとのことです。

競技向け(e-Sports)スペック

  • OS: Windows 10 64 bit (最新版)
  • CPU: Intel Core i7-8700K | AMD Ryzen 1800X
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 1080 | Geforce RTX 2070 SUPER | AMD Radeon RX Vega 64
  • RAM: 16GB
  • ネットワーク: ブロードバンド

e-Sports大会などの競技プレイヤー向けの推奨スペックです。

高fps、高リフレッシュレートを実現できます。

この時点でかなりのハイエンドCPUとGPUを要求されていますね。

RTXウルトラスペック (4K、レイトレーシング)

  • OS: Windows 10 64 bit (最新版)
  • CPU: Intel Core i7-9700K | AMD Ryzen 2700X
  • GPU: NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
  • RAM: 16GB
  • ネットワーク: ブロードバンド

レイトレーシングと4Kの超ハイクオリティなグラフィックを楽しむためのスペックです。

CPU、GPU共に最新のハイエンドパーツを揃える必要があります。

 

上記の通り、CoD:MWはかなりハイスペックなCPUとGPUを要求されます。

NVIDIAはRTX購入でCoD:MWを無料で貰えるキャンペーンを行っているので

グラボをこの機会に買い換えて無料でCoD:MWを無料で貰ってしまうのも良いかもしれません。

NVIDIA Geforce RTX CoD:WMキャンペーンサイト

 

Official Call of Duty®: Modern Warfare® – PC Trailer

 

CoD:MW(コールオブデューティー モダン・ウォーフェア)は2019年10月25日発売。

対象機種はPS4、XBOX ONE、PCです。

PS4版予約はこちら

XBOX版予約はこちら

PC(Battle.net)版予約はこちら